マンション経営を成功させるためのこつを紹介していきます。

マンション購入の流れ

マンション購入の流れをご紹介

マンション経営を始める前に、必ず押さえておきたい全体の流れをご紹介します。物件探しから契約まで、どんなところに気をつけたらよいのかをそれぞれのポイントと一緒にしっかりチェックしましょう。
物件選び
◆立地
将来的に人気が落ちる可能性の低い、駅近や、利便性の高い住宅地、大学近隣などの 地域を選ぶことが重要です。そのためには、現地の需要と供給の関係や、地域の将来計画、生活利便性や周辺環境なども確認する必要があります。平日/休日、昼/夜の環境変化にも注意し、チェックしましょう。

◆広さ
例えばワンルームなら最低でも20m2以上を目安にしてチェックしましょう。長く競争力を保てるポイントとして、基本的な住機能の高い物件(収納スペースが広く、バスとトイレが分離しているなど)を選びましょう。

◆設備
設備のグレードの高さは、人気に差をつけます。「老朽化、陳腐化」はどうしても避けられません。そのため初めが肝です。 中古物件の場合には、これまでの修繕履歴や、今後のメンテナンス計画も資金計画に加えましょう。また、時代に合わせた設備の導入も検討しておかなければいけません。
投資計画
マンションを購入する際には、諸費用を含めたトータルの金額を出して、ローンの計画を立てる必要があります。下記の項目も含め、長期的な視点で経営計画を立てましょう。

【初めにかかる諸経費】
□ ローン手数料
□ 登記費用
□ 修繕積立金
□ 管理費
□固定資産税・都市計画税(日割り)

【その他の費用】
□ 不動産取得税(購入時のみ)
□ 固定資産税・都市計画税(毎年)
□ 仲介手数料(仲介取引の場合)
□ 購入後のリフォーム費用(中古物件の場合)

recommend

ここがオススメ!青山の結婚相談所ランキング!口コミや評判で徹底比較

Last update:2018/3/27


Copyright(c)2008 マンション経営指南. All rights reserved.